合同会社のメリット


合同会社の設立数は年々増加し、今では1年で2万件近い合同会社が誕生しています。ここまで合同会社の設立数が多くなった理由は、得られるメリットが大きいからです。
では具体的に合同会社では、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

会社を立ち上げる理由は人それぞれかと思いますが、多くは「やりたい事業があるから」という理由からでしょう。しかし「やりたい事業」のためにわざわざ会社を設立せずとも、好きな仕事はできます。日本国内には会社が無数にあるので、探せば希望する仕事を任せてもらえる可能性はあります。また、個人事業という形で始めるのも手です。個人事業は手続きがとても簡単で、好きな仕事を思う存分行うことができます。現に個人事業で大成功を収めている方も少なくなく、成果も残しています。
しかし年間数億円以上の利益を出していたとしても、個人事業は個人事業です。信用力がないので、銀行から融資を受けることは難しくなります。さすがに年間数億円以上の利益を出していれば、融資を受けられる可能性は高くなるでしょう。しかし設立してまだ間がなく成果らしい成果も上げていないのならば、資金集めには苦労します。また顧客から信頼を得るのにも時間がかかり、事業を軌道に乗せるのは簡単なことではありません。また「やりたい仕事」を任せててもらう会社に転職したとしても、必ず好きな仕事が割り振られる保障はありません。万が一にもブラック企業に入ってしまおうものならば、取り返しのつかないことになります。

しかし合同会社を設立すると、経営者はご自身になります。好きな事業も思いのままで、変な縛りもありません。ただし例え好きな仕事が出来るからとはいえ、法律に触れるような行為は絶対的にNGです。
また顧客からも「法人」という理由で信用が得られるので、事業発展にも繋がります。銀行からも「法人」という理由で、資金調達もしやすくなるでしょう。成果らしい成果がまだ上げられていなかったとしても、信用力が高くなっているの問題なく融資を受けることができます。

ただ法人を立ち上げるには、些かのお金が必要になります。会社を設立するとなると数億円近いお金が飛ぶのではと、ビクビクしている方もいらっしゃるかもしれません。こればかりは会社の事業内容や規模にもよりますが、数億円近いお金が必要になるのは大企業のみです。世界を視野に入れて事業を展開し市場独占を狙っているのならば、確かに数億円近い設立費用は必要になるでしょう。
でも国内で地に足をつけて事業をしようと考えているのなら、数億円も必要ありません。合同会社であれば1ヶ月周一でアルバイトで稼いだ金額だけで、設立することができます。脱サラした方だけでなく、専業主婦や学生でも合同会社の設立は可能です。

合同会社設立で必ず必要になるのが、登録免許料6万円です。他にも会社や個人の実印が必要になるものの、数千円あれば準備することはできます。司法書士に会社設立を依頼すると、司法書士に支払う報酬額が求められます。
報酬額は司法書士にもよるので何とも言えませんが、高く見積もっても15万円前後です。週一のバイトを2ヶ月頑張れば、十分に稼げる金額です。

ただし会社設立には登録免許料だけでなく、資金も必要になります。事務所を借りて事業を展開するのならば事務所の賃料、パソコン・コピー機・事務用品も必要になるでしょう。営業で外回りに行くのなら車、店舗経営ならば商品の仕入れ金や商品を飾り付ける什器も必要です。
合同会社は株式会社と同じく、1円の資本金があれば設立は可能です。ただ現実的に見て1円の資本金では、事業はさすがに成り立ちません。ちなみに合同会社の資本金相場は、100万円前後となっています。

そして合同会社の最大メリットは、自由な経営ができることです。株式会社の場合、会社の重要事項を決める時は、取締役会を通す必要があります。取締役会で了承を得られなければ、前に進むことはできません。また株主(出資者)は強い権限を持っており、例え会社設立者であっても株主の意向に逆らうことは不可能です。
でも合同会社であれば取締役会がないので、設立者の思いのままの経営ができます。定款変更などの会社そのものに大きく関わることならば、社員(出資者)の承諾は必要です。でもいち早く行動に移すことができるので、機動力の高い経営が可能です。現にアメリカ資本の企業はほとんどが、合同会社です。一度は名前を聞いたことがあるほどの超有名会社でも、合同会社の形態を取っています。アメリカ資本の企業が日本で合同会社として経営しているのは、機動力が高い経営が可能となっているからです。

合同会社の設立数は、これから先もどんどん増えていくでしょう。近い将来は、合同会社が当たり前の存在になっているかもしれません。ただそれでも「会社設立」に対して二の足を踏んでいるのならば、専門家に相談してみて下さい。

おすすめの会社設立の専門家https://www.venture-support.biz/

無料で相談を受け付けてくれる所もあるので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。