合同会社の利益配当

合同会社に出資すれば、利益の配当が行われるのがメリットです。
ただし合同会社の場合は株式の発行はないので、株式会社の配当とは少し違います。
ではどういう形で利益の配当が行われるのか、見てみましょう。

株式会社の場合は、出資額によって利益の配当が行われます。
例えば、資本金1000万円の株式会社があったとします。
Aさんは500万円・Bさん300万円・Cさん200万円出資したとしましょう。
すると最も多く出資をしたAさんに利益の半分が行き渡り、次にBさん・Cさんと出資額に応じて分配されます。
例えAさんは普段から会社に出社せずに怠けていたとしても、Cさんが毎日会社のために仕事をして汗を流しても、配当は出資額の大きさが全てなのです。

しかし合同会社の場合、出資額に関係なく分配比率を決めることができます。
例えば定款に、「出資額関係なく出資者には平等に分配する」旨の内容が記されていたとしましょう。
資本金1000万円の合同会社で、出資額は先程と同じくAさん500万円・Bさん300万円・Cさん200万円とします。
定款に「平等に分配する」と書かれているので、それぞれに333万円ずつ分配することが可能です。

もちろん定款に定めがあることが条件ですが、仕事の貢献度が高い人に配当を多く割り当てることも可能です。
Aさんは半分の500万円を出資しているものの、仕事をほとんどしていないのなら、配当を少なくすることが可能です。
逆にCさんのように200万円しか出資していなかったとしても、仕事に貢献しているのならば、配当を多くすることができます。

ただし気をつけたいのが、「配当制限」です。
「合同会社は利益の配当が自由」であるのは事実であり、大きなメリットでもあります。
でも何もかも自由に決めてしまうと、会社のお金が無くなってしまう恐れがあります。
だから200万円を出資したからとは言え、必ず200万円が利益として配当されるわけではないということを覚えておいて下さい。