合同会社と株式会社のメリット比較

会社設立の際には、合同会社の他にも株式会社を選択する手もあります。
それぞれの会社形態にはそれぞれのメリットがあり、上手く活用すれば事業も成功するでしょう。
そこで株式会社と合同会社のメリットについて、比較してみました。

株式会社の最大のメリットと言えば、飛び抜けて高い知名度にあります。
会社についてそこまで詳しくない人であっても、「株式会社」の名前は知っています。
株式会社の知名度の高さは、事業を行う上でも有利に働きます。
例えば新商品開発のために、他の会社と業務提携を結ぶとしましょう。
大企業ならば業務提携は大歓迎ですが、中小企業となると中々首を縦には降ってくれません。
しかし「株式会社」であれば、どんなに小さな会社でも提携を結んでくれる可能性はあります。

一方合同会社はというと、新しい制度のためか知名度はないに等しいです。
株式会社と比べて費用は安く簡単に会社設立ができ、合同会社の数は増えてきました。
世界的にも知名度の高い大企業も、合同会社の形態を取っている所は少なくありません。
でも知名度もなく信頼度も低くなっており、業務提携を結ぶのは難しくなっています。
実績があるのならば業務提携も難なく結べるかもしれませんが、実績がない以上は厳しいのが正直な所です。

でも合同会社にも、「機動力の高さ」というメリットがあります。
合同会社の場合は、出資者本人が経営者です。
出資者本人が経営に携わることになるので、機動力の高いビジネスが可能となります。
一方株式会社は、株主総会・社員総会・取締役・取締役会・監査役などの機関があり、物事を1つ決めるにも時間がかかります。
また株主が持っている権限は大きく、例え経営者でも株主の顔色を伺いながらの経営となります。

会社を設立する際に、合同会社が良いのか株式会社が良いのかはハッキリと答えを出すことは出来ません。
でも答えのヒントとなるものならば、既に分かっている筈です。
ヒントを読み解き冷静に分析すれば、答えはすぐに分かります。