会社設立の手続きには時間がかかるものもある!?

 

会社設立における手続きには時間がかかると言われています。
中には、スケジュールを組んで会社設立に関する手続きをしたいと考えている人もいるでしょう。
そこで、会社設立に関する手続きにかかる時間について見ていきましょう。

 

・登記の申請は時間がかかる!
会社設立における手続きで時間がかかってしまうものと言えば、「登記の申請」です。
登記の申請は法務局に行って手続きを行うのですが、申請はその場でOKが出るわけではありません。
登記の申請は早くても1週間~2週間程度の時間がかかってしまいます。

 

・口座の開設は時間がかかる!
また、会社に必要な口座を開設するときは、個人の銀行口座とは違って1週間~2週間程度の時間がかかります。
個人の銀行口座の場合はすぐに発行してもらえるのですが、法人の場合は審査があります。
審査では詐欺目的で使用される可能性がないかを調べるために、登記事項証明書や定款などを1つ1つ丁寧に確認していきます。
これらの確認が完了してからの発行となるため、最低でも1週間程度の時間がかかってしまうと考えられます。
これらを踏まえて考えると、自分で会社設立の手続きをするという場合は、手続きに最低でも2週間~1ヵ月程度の時間がかかります。

 

・手続きを専門家に依頼するときにかかる時間!
会社設立ってそんなに時間がかかるの、もっと早く事業を行いたいという場合は、少しでも早く手続きを完了させるために、専門家に依頼をして代理で手続きを行ってもらったほうがいいでしょう。
専門家に依頼をして手続きを代行で行ってもらうときは、事務所や専門家の忙しさにもよりますが、定款の認証で大体2日~3日程度、登記の申請には1日~2日程度かかります。
定款の認証・登記の申請に関しては電子定款によって手続きを行ってくれるので、自分で行うよりも時間はかかりませんよ。

 

このように会社設立における手続を完了させるためには、時間がかかるものもあります。
自分で手続きを行うよりも専門家に依頼したほうが早く手続きを完了させられるので、早く会社設立をしたい、事業を行いたいという場合は専門家に手続きを依頼してみましょう。
専門家に手続きを依頼するときは定款の作成・認証、登記の申請までを行ってもらうことも出来るのですが、認証だけを依頼する、登記の申請だけを依頼するということも可能です。
最短で会社設立をするにはどうしたらいいのかを考え、必要な手続きに関しては専門家に依頼するのがおすすめです。